Pocket

夏休みに入り、子育て中の生徒さんは、「レッスンをどうしましょう?」と相談されます。

第三子の出産を控えてマタニティヨガに来られているNさんには、2人の坊やを子どもプラザに預けられることを提案しました。

ところが、子どもたちが猛反対したそう。

「ママはどこに行くの?」
「ヨガに行きたいの」
「赤ちゃんの時、行ったところでしょ? じゃあ、ボクも行く」

こんなやり取りの末、2人の坊やも一緒に登場。

お兄ちゃんは、1歳になる前に産後ヨガに来ていたので、3~4年ぶり。
面影はそのままで、すっかりいいお兄ちゃんになっていました。
弟くんは、初めてのサンシャインでしたが、元気いっぱい。

ママのレッスンが瞑想に入ってからは、フロアで坊やたちと野球ごっこ。
初めのうちは私のことを「先生~!」と呼んでいたのですが、そのうち「ばあちゃん~!」に。

ママは、「先生に、ばあちゃんなんて」と気の毒そうでしたが、生徒さんの子どもは孫みたいなもの。
大丈夫ですよ。

そのうち「ばあちゃん」から「ばばばあちゃん」に変わっていました。

あの絵本の「ばばばあちゃん」?!

「ことばの教室」の子どもたちと一緒に読んでいた『ばばばあちゃん』。
懐かしくなりました。
「ばばばあちゃん」でいいよ~

Pocket